Strict Standards: Redefining already defined constructor for class wpdb in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/wp-db.php on line 52

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/cache.php on line 36

Strict Standards: Redefining already defined constructor for class WP_Object_Cache in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/cache.php on line 389

Strict Standards: Declaration of Walker_Page::start_lvl() should be compatible with Walker::start_lvl($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 537

Strict Standards: Declaration of Walker_Page::end_lvl() should be compatible with Walker::end_lvl($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 537

Strict Standards: Declaration of Walker_Page::start_el() should be compatible with Walker::start_el($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 537

Strict Standards: Declaration of Walker_Page::end_el() should be compatible with Walker::end_el($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 537

Strict Standards: Declaration of Walker_PageDropdown::start_el() should be compatible with Walker::start_el($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 556

Strict Standards: Declaration of Walker_Category::start_lvl() should be compatible with Walker::start_lvl($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 653

Strict Standards: Declaration of Walker_Category::end_lvl() should be compatible with Walker::end_lvl($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 653

Strict Standards: Declaration of Walker_Category::start_el() should be compatible with Walker::start_el($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 653

Strict Standards: Declaration of Walker_Category::end_el() should be compatible with Walker::end_el($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 653

Strict Standards: Declaration of Walker_CategoryDropdown::start_el() should be compatible with Walker::start_el($output) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/classes.php on line 678

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-includes/theme.php on line 508
ジェリアスカ.com » Blog Archive » DaruMIX: だるま屋
ジェリアスカ.com

DaruMIX: だるま屋

December 12th, 2007 Posted in ゲーム

darumaya.jpg

RPGFan インタビュー

だるま屋は著名なゲーム音楽家たちで成り立つ革新的な東京インディーバンドである。打楽器・町田浩明はゲーム音楽アレンジCD 「Near Death Experience: シャドウハーツ Arrangetracks」に参加し、打楽器音を提供。歌手・岸川恭子は光田康典による「Armodyne」や 伊藤賢治による「Romancing SaGa: Minstrel Song」のサウンドトラックでボーカルとして参加。

これまでだるま屋はいくつかのイベントに顔を出しているが、植松伸夫氏が参加した「Hyper - Extra Game Music Event」でみられた方も多いと思われる。そこで、デビューアルバムからのタイトルソング「だるmix」に加え、思いがけない即興ヒフによるビート ルズの「ノルウェイの森」を演奏した。

だるま屋と共に演奏するギターはシャドウハーツシリーズで有名な作曲家・弘田佳孝である。今回、RPGFanは彼らのライブ演奏や日本のゲーム業界中でのコラボレーションについてお話をしていただける機会を得た。

daruband_02.jpg

Hiroaki Machida & Kyoko Kishikawa

翻訳:山本貴洋

RPGFan: バンド、だるま屋はどのようにつくられたのでしょうか?

町田浩明: だるま屋は岸川恭子が操る言語のないVOICE、ドラムを中心とした打楽器、テクノロジーが操る電子音の融合を 発展させたく2004年に活動を開始いたしました。

結成当時はかなり試行錯誤で実験的な音楽性が多かったのですが、現在少しずつですがだるま屋独自の音楽性への 可能性が見えてきたと思います。

最近は結成当時にはあまり作曲しなかった日本語によるポップな楽曲制作へも多数チャレンジしています。

それ以外にも、アート 映像 舞台 映画 ゲームなどへ同じ比重でコラボレーションするための音楽を生み出したいという思いも、だるま屋結成の目的です。

RPGFan: ドラムと打楽器担当として町田さんはどんな影響をだるま屋の音楽に加えているのでしょうか?

また、アルバムDarumixでどんなサウンドをリスナーの皆さんに楽しんでもらおうと思ったのでしょうか?

RPGFan: 今までドラマーとしてたくさんのバンドに在籍をして、音楽についてたくさんのよい勉強や経験をさせていただきました。

そのたくさんの経験の中から得られたものをもとに、だるま屋ならではのドラム 打楽器の演奏にチャレンジしています。

アルバムDarumixでは何種類かの方法で楽曲を制作しています。いくつかパターンを紹介させていただきます。

:僕が最初にベーシックなトラックを作曲して、そのトラックをもと
岸川恭子がメロディー、コーラスを作曲して制作する。
歌詞がある曲は岸川恭子が作詞します。

:2人のみの完全な生演奏の即興演奏を録音。
即興演奏の内容はそのままで、それをもとにアレンジをして制作する

:即興演奏を長時間録音したものを、編集作業で面白いと思ったところを抜き出し複数のパートにして、ベーシックなトラックを作り、
それをもとにアレンジを加え、さらに仕上げでコーラスワーク、打楽器の多重録音を加え制作する。

:声と打楽器のみの多重録音で制作する。

これらの方法で制作した楽曲がDarumixに収録されています。

人間が生みだす声と打楽器、テクノロジーの電子楽器の融合を心地よく感じていただければと思います。

RPGFan: 日本国外のリスナーためにも、バンド名だるま屋の意味と成り立ちについて説明してもらえないでしょうか?どのようにこの名前がバンドの音楽と関係しているのでしょうか?

町田浩明:「だるま」とは日本では縁起物としてよく知られている人形です。

その丸い形から、「優しい気持ち」と「七転び八起き」といわれるように、どんなに転んでも必ず起きあがる不撓不屈の心を表していると言われています。

そんな精神のもと音楽活動が出来ないものかとバンド名に「だるま屋」と名前をつけさせて頂きました。

RPGFan: 最近行われた弘田佳孝さんとだるま屋のコラボについてお話を聞かせてください。どのようにそのイベントが成り立ったのでしょうか?また観客の前での生演奏における町田さんの経験はどんなでしたか

町田浩明: 岸川恭子がシャドウハーツ・シリーズで弘田さんと係わっていたこともあり知り合いました。
とても尊敬する音楽家であり音楽性も影響をうけています。

だるま屋として弘田さんの作品への参加は「near death experience, SHADOW HEARTS Arrangetracks」があります。

岸川恭子がVOICE、僕がドラムで数曲参加しています。とても素晴らしい作品へ参加できて光栄でした。

この時から弘田さんの作り出す音楽とだるま屋でコラボが出来ないものかと思いました。
このアルバムの発売から数年たって、やっとライブという形でコラボが現実となりました。

弘田さんの楽曲やエレクトロに対する考えや姿勢はとても素晴らしく興味深いものでした。

演奏方法もPCから出力するエレクトロに 生演奏によるVOICE ベース 打楽器で演奏を発展させていくという斬新な組み合わせでした。
演奏中たくさんアイディアが浮び、また一つの新しい音楽の可能性を実感できました。
ライブへお越しいただいたお客様にも楽しんで頂けたと思います。
今後も機会があれば是非このコラボをしてみたいです。

The image “http://vgmdb.net/db/assets/covers-medium/7/2/2/1/7221-1204372354.jpg” cannot be displayed, because it contains errors.

RPGFan: 岸川さん、ライブコンサートで歌を歌うのと比べて、Hyper Game MusicのアルバムにむけてPhoenixionを歌うといった体験はどのように違うのでしょうか?


岸川恭子: 通常のライブでは、スキャットで歌う時はかなり即興性を重視しています。しかし、Phoenixionを歌うにあたっては、作曲者でもある伊藤賢治さんのアレンジから湧き上がるイメージを大切にしました。全編スキャットですが、発声する音のひとつひとつをフラメンコ風に、そして時折、日本の民謡風に聴こえるように工夫しました。

RPGFan: ライブコンサートでその曲を演奏するにあたり、グループとしてどのような準備が必要だったのでしょうか?

岸川恭子: Extraへの出演に向けて、合計3回のリハーサルを行いました。
今回のバンドにはギタリストが二人おりまして、まずは楽曲ごとにギターの役割を分担していくところから始めました。

そして最も楽曲の雰囲気を左右するパーカッションに関しては、リハーサルの中で色々な楽器を試してもらいながら、実際に使う楽器をみんなで決めていきました。

リハーサル中にまた新しいアレンジも生まれていき、とても充実した時間を過ごせました。
私のボイスもリハーサルから比べると、さらに発展したボイスでPhoenixionを歌うことが出来てとても嬉しかったです。

RPGFan: 次にだるま屋に続くものは何なのでしょうか。近いうちに製作されるゲームでも岸川様のお声をまた聴くことができるのでしょうか?

岸川恭子: 日にちはまだ未定ですが、だるま屋最新アルバム「デジタロイド」がもう間もなくiTunes storeより配信されます。

機会がありましたら、是非とも聴いていただきたいです。

また、現時点では、新しいゲーム音楽への参加はまだ決まっておりません。

しかし、これからも様々なゲームの世界を声で表現していきたいと思っています。

 

daruband_01.jpg

Kyoko Kishikawa & Yoshitaka Hirota

 

RPGFan: いつごろから歌手としてのトレーニングを始めたのでしょうか? また、ゲーム音楽界に足を踏み入れたきっかけはなんだったのでしょうか?

岸川恭子: 高校卒業後、演劇の勉強をするために、東京へと上京しました
働きながら芝居を学び、同時に友人達とバンド活動も楽しんでおりました。
28歳の時に、知人と参加したジャズセッションで「あなたはボイスパフォーマンスに向いているかもしれない。」と言われ、少しずつですが独学でボイスの勉強を始めました。
この時期は周り先輩達から助けてもらいながら、最も声を訓練した時期でした。
ボイスの練習を積んでいたころ、弘田佳孝さんから『シャドウハーツ』のお話をいただき、初めて私のボイスがひとつの作品となりました。
この時は本当に嬉しく思いました。

RPGFan: このアルバムDarumixでは、スキャットでお歌いになっていますよね。この歌唱方法と岸川さんは個人的にどんな関係をお持ちなのでしょうか?

岸川恭子: Darumixを聞いていただきありがとうございます。
実は、私は始めからスキャットが出来ていたわけではなく、人にすすめられたから漠然と始めた・・・、というのが実際のきっかけなのです。

でも、本格的にスキャットの練習を始めた頃は、まだ日本では知名度が低いボイスと、一般的によく知られているボーカルとの間で悩んだこともありました。
しかし現在は、スキャットやボイスパフォーマンスは、私にとって一番おもしろい歌唱方法となりました。

以前、とても悩んでいた時に、先輩が「ボイスは続けたほうがいい。ボイスは何にでもなれるんだから。」と言ってくれました。
そして何年もたった今、本当にそう感じています。

RPGFan: 岸川さんはこれまで伊藤賢治, 朝倉紀行,
光田康典というゲーム音楽界で今活躍中の作曲家のアルバムに歌手として参加されてきましたよね。ゲーム音楽のコミュニティーに加わってこのようなコラボをされてきた経験について、またその感想を聞かせてください。
岸川恭子: 「天誅・千乱」のオープニングとエンディングは日本語の歌詞で歌いましたが、伊藤賢治さんと光田康典さんの楽曲は全てボイスで歌っております。

弘田さんをはじめ、伊藤さんも光田さんも、録音の時はとても自由に歌わせてくれます。
そして、自由に歌うことで産まれてきた旋律を話し合いながらつないでいき、ひとつの作品へと仕上げていきます。
私のようなタイプの歌い手をうまく生かすのは、なかなか難しいと思います。
私を起用して下さった作曲家の皆さまは、本当に私を信頼して下さり、私の一番よいところを引き出して下さいました。
心から感謝しています。

RPGFan: 日本国外のリスナーのためにも、「Extra - Hyper Game Music
Event」についてお話してくれませんか。また、このイベントに参加した岸川さんの経験はどんなだったのでしょうか?

岸川恭子: このイベントは本当に楽しかったです。
たくさんの素晴らしいクリエーターの方々とお話することが出来ましたし、何よりも多くのお客様の前で歌えたことが一番の喜びでした。

また、伊藤さんの楽曲を3曲歌わせいただきましたが、改めて伊藤さんのメロディーセンスの素晴らしさを感じました。

とてもとても幸せな1日でした。

Interview conducted by Jeriaska. Translation by Takahiro Yamamoto.

Post a Comment


Strict Standards: Redefining already defined constructor for class sk2_plugin in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-content/plugins/SK2/sk2_plugin_class.php on line 45

Strict Standards: Declaration of sk2_captcha_plugin::output_plugin_UI() should be compatible with sk2_plugin::output_plugin_UI($output_dls = true) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-content/plugins/SK2/sk2_plugins/sk2_captcha_plugin.php on line 70

Strict Standards: Declaration of sk2_pjw_simpledigest::output_plugin_UI() should be compatible with sk2_plugin::output_plugin_UI($output_dls = true) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-content/plugins/SK2/sk2_plugins/sk2_pjw_daily_digest_plugin.php on line 277

Strict Standards: Declaration of sk2_rbl_plugin::treat_this() should be compatible with sk2_plugin::treat_this(&$cmt_object) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-content/plugins/SK2/sk2_plugins/sk2_rbl_plugin.php on line 342

Strict Standards: Declaration of sk2_referrer_check_plugin::output_plugin_UI() should be compatible with sk2_plugin::output_plugin_UI($output_dls = true) in /home/jeriaska/jeriaska.com/wp-content/plugins/SK2/sk2_plugins/sk2_referrer_check_plugin.php on line 78